--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.04

なにかがおかしい

わたしは物心ついた頃から
なにかおかしい
なんか変だとずっと感じてきた。

Something is funny.
photo : dozen/Ren
270b.ren.jpg


周りが変なのか
それとも
わたしが変なのか。

 

親や周りは
わたしが変だと
変わっていると言っていた。

親にはついこのあいだも言われた。
「お前は本当に変わってるよな。
普通じゃないよ。
神さんみたいなことを言うよな。
パパはお前と話をしていると
時々すごく腹が立つんだ。
悟されているみたいで。
ムカツクんだよ。
でも、その通りなんだ。
図星さ。
なんでお前みたいな子がパパの子供に産まれたんだろうって
ずっと思ってた。
今でも不思議でしょうがない。
それって、持って生まれた才能みたいなもんなんだろうな。
俺にはお前がいつも理解できん。」

わたしには父の方が変わっている。
どっちが普通じゃないんだか。

才能?
才能なんて誰もが持ってるじゃないか。
父だってわたしにはない
素晴らしい才能・特質がある。

霊的なものなんて
本当は誰もがもっている。


霊的自己探求なんて言葉を
幼いわたしが知るわけもないが
「変」だと言われ続けることで
すでに幼い頃から
無意識に探求は始まっていたのかもしれない。

わたしはずっと
この世界や大人たちが理不尽でならなかった。
答えがほしかった。

答えを見つけたくて見つけたくて
しかたがなかった。

いったいここは・・・なに!?

無意識のうちに
自然に探求は
始まっていたんだと思う。







のスピリチュアル活動
Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^-^v
人気blogランキング
精神世界ランキング
にほんブログ・ 哲学ブログ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。